苦しみはあなたの目覚め、真の幸せへの鍵です

「私、~~で苦しいんです!」

という苦しい状態の人に対面すると、



私はいつも「おめでとうございます」

と言います。



苦しければ苦しいほど。



嫌味じゃないよ、心からの祝福です。



なぜなら、
苦しいのは楽になるための準備だから。



このブログに書いたように
↓↓↓


人は、全てを区切っている。

つまりは分離感。

感覚が分離しているということ。



苦しみが強いってことは、
どんどん苦しみの果てまで行けば、
残りは全部楽になる。


世界の果ての行き止まりまで行ってしまえば、
後ろを振り返れば全てしかなくなるのです。



例えばあなたが30㎝のものさしの、
ちょうど真ん中15㎝の所に立っていたとする。


1-15㎝が左、15-30㎝が右だとする。


何としてでも右に行きたくないあなたは、
1㎝の部分に向かって歩いて行く。


1㎝の所へ辿り着いたら行き止まりだ。


それでもまだ左へ向かおうとするけれど、
もう壁にぶつかり八方塞がりだ。



もがき、苦しみ、
もうどうにもこれ以上左へ行けないと分かったとき、


あなたは右を振り返る。


あなたの世界には右しかなくなるのだ。



左は何だったのだろう。


あれは幻だったのか。。



右しかなくなるということは、
もう「右」という概念は消えていく。




左も右も、なくなるのです。




これが解放や手放しへの鍵です。



だから、何かの感情が強い時は、
その逆へ行く準備、前触れだと言える。



落ちるとこまで落ちたら、
もう上がるしかないみたいなね。



それに、苦しみが強ければ、
変わろうとしやすくなるじゃないですか。



たいして苦しくもなければ、
何となくだましだましやっていけちゃうから。



私も昔、何度も何度もそんな局面に立ちました。




もう何をどーしたって行き止まりなんだから、

変わるか、死ぬか。



でも、どうせいつかは死ぬんだから、
変わってみようじゃないか!



と何度も探求したものです。



苦しいのって、誰だって嫌ですよね。



だから苦しみは、本当はの幸せ、
無条件の愛の世界の鍵。



神様からの、

全てからの贈り物。



だから、今苦しい人、


本当におめでとうございます





追伸

「いや、そうは言っても苦しいんだってば!」
「やり方がよくわからないんだってば!!」

という方のサポートをしています。
?Gg[???ubN}[N??

2021年7月21日