真の幸せに【自己肯定】は必要ない

人は幸せになるために、

「自分を受け入れる」とか「自分を愛する」とか、
自分を肯定しようとするけど、


結果として、そういう感覚がただあることと、
そうなろうとする事は、全く別物なのです。



自己肯定しようとする意識には、
必ず自己否定する意識がセットだからです。






常に自分を肯定していたら、
それは「肯定」でもなく、
「フラット」ですらなく、
ただ在る何か、感覚だ。



だから、自己肯定しようとすればするほどに、
どこかで否定してる意識を産み出しているということ。




身長180センチの人が、
「身長180センチになりたい」とは思わないですよね?


「身長180センチじゃない」という認識なしには「身長180センチになりたい」とは思いようがないわけです。



だから
自分を肯定しようとするには、自分を否定する認識なしには成り立たない。



幸せになろうとするには、
幸せでない自分を認識しないと成り立たない。


求めれば求める程、反対側が、追いかけてくる。



出た、人類お得意のラットレース!(笑)

 

全ての事には、表と裏があるという思い込みを捨ててみる。
肯定も否定も、陰も陽も、幸せも不幸せも
実在はしていません。






本当の幸せや自由には自己肯定なんて必要ない。


否定も肯定も概念、幻想、思い込みの夢。



真の自由や幸せは、何もする必要がないと気づくこと。


だから何でもできること。


何もしなくても幸せになれるなら、
何をしても幸せだということ?


何だって出来ると言うこと。


何者でもないから、何者でもあれるということ。



既に全ての願いは叶っている。
?Gg[???ubN}[N??

2021年7月18日