宇宙の流れに乗るということ

私の意識が変わり初めてから、ここまで、
 比較の対象もないから早いも遅いもないのだけど、




色々な人に「宇宙の流れに乗ってるね」
言われた。




だけど、冷静に考えて見て下さい。






宇宙の流れに乗るってどういうこと?

以前に、

宇宙の流れに乗ってないってどういうこと?









宇宙の流れという表現をする人は、

たいていワンネスとか全ては1つとかいう言葉も聞いたことがあるでしょう。





全ては1つ。


なら、宇宙とあなたも1つ。





つまり分かれてない。


宇宙とあなたは分かれていないのだ。







それを、どうやったら宇宙の流れに乗らない、ができるのか。



 

あなたがプールで泳いでるとき、あなたの心臓や骨だけ泳いでないなんてことが有り得ないように、



宇宙が流れてるなら、あなたが流れてるということ。






宇宙の流れに乗らないことなんて、できるはずがないのだ。






宇宙の流れに乗ってる、というのが、


トントン拍子に自分が変わっていくと感じたり、
人生が変わっていくと感じたり、
良くなっていくことが宇宙の流れに乗ってるということではない。





全てが宇宙の流れなのだ。
 




意識の変容どころか、人生が変わるどころか、全然良くなっていかないと感じていても、


その時あなたは、その宇宙の流れに乗っている。






トントン拍子に良くなると感じていても、あなたはその宇宙の流れに乗っている。






宇宙の流れに乗っていない時なんてありようがないのだ。





分離感がある限り、
二元性は、ジャッジは続き、


自分の幸せの条件に当てはまるものだけを良しとし、当てはまらないものを悪とする。






良しとするときは宇宙の流れに乗っていて、悪とするときは乗ってないとする。





自分がどう感じているかだけなのだ。






「宇宙」と「わたし」

宇宙の流れに「乗っている」と「乗っていない」

 


そこ(二元性、分離の世界)にいる限り自我の苦しみ、分離感は終わらない。



分離はしていない。分かれていないのだ。







一瞬足りとも、宇宙の流れに乗ってない瞬間はない。


あなたは宇宙で、宇宙はあなただ。






宇宙の流れに乗りたいなら、宇宙の流れに乗ろうとしないこと。



言い換えたら、宇宙の流れを自分の条件に当てはめようとコントロールしようとしないこと。




初めから、そんなことできるはずもない。


自我がコントロールできるものなんて何もないのだ。








あなたが宇宙で全てが1つだと気づくことが、ただ1つできること。






あなたが宇宙である限り、全て思い通りになっている。





コントロールしようとする意識が、自我が、


宇宙の流れに乗れてないと勘違いをすることがあるだけで、


あなた(宇宙)があなた(宇宙)の流れに乗れないなんてことはありようがないのだ。





そもそももっと言うと、


あなたが宇宙である以上、宇宙の流れに乗るということはできない。


山田A子さんが山田A子さんに乗ることはできない。

 地球が地球の海でサーフィンすることはできないように。






早いも遅いも、時間も空間もない。



自我が心配しても、しなくても、

何も変わらず、起こることが起こるだけ。





一瞬足りとも宇宙の流れから取り残されるなんていうことは起こり得ない。


一瞬足りとも愛でないときはないのだ。





あなたはどの瞬間も、宇宙そのもの。


愛そのもの。


?Gg[???ubN}[N??

2021年7月6日