目覚めて何が起こったか~vol.6

スピリチュアルにも悟りにも何の興味もなかった私が、一気に目覚め、悟り、涅槃に到達した、漫画みたいなお話。


【あらすじ】

ある人との再会を機に突如前世を思い出し、前世の自分のお墓に行ったり、離婚を機に大きな観念の手放しが起きたりして、意識の変容が起こり、目覚めた私。
ある日、謎のビジョンが見え、それを察したある人が能力の扱い方を教えてくれてできるようになった矢先、また新しいビジョンがきた。



目覚めて何が起こったか~vol.1~
目覚めて何が起こったか~vol,2~
目覚めて何が起こったか~vol.3~
目覚めて何が起こったか~vol.4~
目覚めて何が起こったか~vol.5~

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


そもそも、スピリチュアル能力の開花とか、
アセンションだとか、
神様のお仕事をするだとか、

私的に本題から逸れてるんですよ


いや、ありがたいし、
おかげさまで(?)幸せだけど

私の夢は、昔から一つ。
1人の人を死ぬほど愛して、愛されて、
死ぬこと。



。。だったのに、

うっかりアセンションしてしまい、
なんだかそう切羽詰まる感じがどこかへ
消えてしまった


当時離婚したてで、独身。
小さな子供がいて貯金なし、
仕事もほとんどなし。なのに


あんなに孤独と不安と渇望で
形作られてた私がいなくなっていた。


うーん。。別に、幸せだな。。(笑)



なのに、それでもやっぱり、
一つだけ変わらない感覚は残っていた。


子供の頃からずっと、
私は何かを痛切なまでに、探していた。



そのたった一点に向かって
ひたすら走り続けてきた気がする。



それが清十郎さんだとするなら、
とても腑に落ちる。


だって前世療法で見た清十郎さんは、
清十郎さんだけが、

まるで今、ここにリアルにいるかのような
空気感、声、顔、言葉、臨場感。



本当によく知っていて、
私が探していた存在そのものだった気がした。


もしそうなら
なんてロマンチックなんだろうと思ってた。


だけどお夏清十郎の旅では
特に清十郎さんの手がかりもなく

なんだったんだろう。。と感じていた。



そしたらある日、
お姉さんが電話で言った言葉

「清十郎さんかもしれない人がいた」


に心が大きくザワついた。




その人の写真を送ってもらって見てみたら
全然清十郎さんと似てなかった(笑)


でも、当時リーディング能力も開花していた私。

その人の写真をリーディングしてみたら


出てきたキーワードが。。


「姫路城」「井戸」「カラス」


だった。

井戸?カラス?


でも。。。


姫路城。。!!!


全然清十郎さんぽくもないし、
タイプではない。。
でも、目の光は、どことなく知っている感じもした。




私は再び、清十郎さんを探し始める。



続く。。
?Gg[???ubN}[N??

2021年6月25日