目覚めて何が起こったか~vol.2~

スピリチュアルにも悟りにも何の興味もなかった私が、一気に目覚め、悟り、涅槃に到達した、
漫画みたいなお話。


【あらすじ】

突如前世を思い出し、前世の自分のお墓に行ったり、離婚を機に大きな観念の手放しが起きたりして、意識の変容が起こり、目覚めた私
その後の変容のスピードが、早かった。

目覚めて何が起こったか~vol.1~

================================



ヒプノセラピーの実習の1回目は、

私の過去世らしい、お夏清十郎の旅より前だった。

2回目は、お夏清十郎の旅の後。


つまり、1回目は目覚める前の私。




だけど一つだけ不思議だったことがあった。

私の同期で私以外の実習生は、
1人だと聞いていた。


そして、なぜだか私は、
とても重要な人に出会う気がしていた。


(この頃はヒーリングもリーディングもできるという自覚はなかったけど、今思うと大分感覚が研ぎ澄まされ始めていたのかもしれない。)



重要な人物って、なんだろう。

どんな人?




まさか。。

清十郎さん???!!!
ここで?!



清十郎さんと出会うために、
私はヒプノセラピストになれと言われたの??!!


と妄想は膨らんでいたが、
いざ、ドキドキしながらドアを開けて、
初めてもう1人の実習生の人を見たら、



女性だった(笑)



内心、心の中で少しだけズコーっとなりながらも、笑顔で挨拶。


その人はさくらさんと言って、
とてもクリアな雰囲気の人だった。



そして自己紹介をしながら、
私の妄想を伝えた(笑)



話していくうちに、さくらさんの名前に少しだけ運命を感じたりした。


私がフラッシュバックのような映像を思い出すきっかけとなった男性と会うのは、
いつもいつも、桜が咲いていたから。


そして、お夏と清十郎が初めて結ばれた日も、
桜の夜だったから。



さくらさんは、当時オルゴナイトの作家さんだった。今はアクセサリーを創っている。


さくらさんの作品は、本当に美しい。


作品も含めさくらさんを一言で表すなら、


【神聖】


出会った頃も今も、それは微塵も変わらない。


お互いにあの頃とは、意識レベルも、環境も、
他にも、沢山の事が変わったけど、


さくらさんはずっと神殿のようなエネルギーだ。


このさくらさんとの出会いとヒプノセラピーは、
私の覚醒を、爆裂的に推し進めてくれた。


私に変容のお役目があるとするなら、
さくらさんは、覚醒のお役目を持つ人。


さくらさんは私の意識の変容後の展開を語るのに、欠かせない存在になった。






続く。
?Gg[???ubN}[N??

2021年6月21日