私に何が起こったか~最終回

スピリチュアル否定派だった私が、スピリチュアルな能力が一気に開花し、
悟り、涅槃に至るまでの、漫画みたいなお話。


【前回までのあらすじ】

9年ぶりにある男性と再会したことを機に、様々な映像が浮かぶようになり、前世療法(今は私がやる側になったヒプノセラピーのこと)を受けにいった。

前世療法で見た見たことのない男の人の名前をネットで検索すると実在していたことが発覚。
その話をきっかけとなった男性(現在の)に打ち明けると、その男性が子供の頃に見ていた夢が、
私が前世療法で見た内容と同じだった。。

他にも偶然で片付かないような導きが起こり続け、その男女、お夏清十郎のお墓があるという姫路と岡山に行く道中、突然ヒーリング能力が開花した。そしてお夏清十郎を巡る旅の後、ある人の言葉で、私の意識は大きくジャンプした。


今までのあらすじブログ

↓↓↓↓↓
~vol.1~ ~vol.2~ ~vol.3~ ~vol4.~
~vol.5~ ~vol.6~ ~vol.7~ ~vol.8~
~vol.9~ ~vol.10~ ~vol.11 ~vol.12~ ~vol.13~ ~vol.14~vol.15~ ~vol.16~
~vol.17~   ~vol.18~ ~vol.19~

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

その日家に帰ると、
もう何もかもが変わっていた。


私はこれまで、
自分は傷だらけで生きてきたと思っていた。



疎外感に傷ついた幼少期。
家庭環境に翻弄された思春期。

激しい恋で身も心もズタズタになった20代前半。  
色々な仕事や世界でヘトヘトになった20代後半。

私の全てをかけた結婚。
そして全身全霊で自分と向き合った離婚。



ことごとく

苦しみ、

悲しみ、

孤独で、

まっとうな幸せな人生とは程遠い、
私の人生。

            

だけど、過去を嘆いていても仕方ないんだから、
傷だらけでも、その上でどう生きるか!

それを考えるだけだし、でなきゃ前に進めないし、人生もったいない。

傷だらけの自分を嘆くのではなく、
これからをどう生きるのか。



そう思って生きていた。


が、


違う。





私はそもそも、

傷ついてなんかいなかった。




自分がその時その時、
そう捉えていただけで、

そもそも何も起こっていなかった。

誰も、何も、していない。


そうか。。



傷ついた上でどう生きるかではなかったんだ。。


だって、私は初めから、
傷なんて一つもついていなかった。


ずっとずっと、生まれたままの、
愛、光そのものだった。



そうだ。




そうだった。

 
私は何をしてたんだろう。


顔を上げて、辺りを見渡すと、
全てが光の楽園だった。


部屋も、家も、

過去も、今も、

それまで自分が傷と捉えていた、

親からの言葉、


昔の恋人との出来事、

結婚も離婚も、

いや、全てが。


本当に存在の全てが
どこまでも果てしない、絶え間ない、
光の楽園。


目を閉じても、目を開けても、
楽園に変わっていた。

心はスーーーっと澄み渡り、
輪郭が薄くなった。




世界には陰と陽どころか、

何もなかった。


全て自分がそう捉えていただけの、

認識の産物で、

誰にも、何にも、

初めから何も起こっていなかった。



考え方や、物事の捉え方が変わったとか、そういうレベルではなかった。


なんていうか、
全く別の物質になったような感じ。



世界が変わったというか。。
自分が変わったというか。。


本当に存在の全てか、
全く別の物質に替わったような感覚だった。



これがアセンション、そして意識レベルが600位になったときの事だった。

体の中に大きな光の柱が突き刺さった。


これが、私の目覚めのとき。


このお話は、これでおしまい。


次は、目覚めてから、 
悟りに、
探求を終えるまでの、
私の話。






私に何が起こったか





?Gg[???ubN}[N??

2021年6月19日