私に何が起こったか~vol.19

スピリチュアル否定派だった私が、スピリチュアルな能力が一気に開花し、
悟り、涅槃に至るまでの、漫画みたいなお話。



【前回までのあらすじ】

9年ぶりにある男性と再会したことを機に、様々な映像が浮かぶようになり、前世療法(今は私がやる側になったヒプノセラピーのこと)を受けにいった。
前世療法で見た見たことのない男の人の名前をネットで検索すると実在していたことが発覚。

他にも偶然で片付かないような導きが起こり続け、その男女、お夏清十郎のお墓があるという姫路と岡山に行く道中、突然ヒーリング能力が開花した。そしてお夏清十郎を巡る旅の後。。



今までのあらすじブログ

↓↓↓↓↓
~vol.1~ ~vol.2~ ~vol.3~ ~vol4.~
~vol.5~ ~vol.6~ ~vol.7~ ~vol.8~
~vol.9~ ~vol.10~ ~vol.11 ~vol.12~
~vol.13~ ~vol.14~ ~vol.15~ ~vol.16~
~vol.17~ ~vol.18~

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

私の目覚めの仕上げのような出来事。

それは、ある人を紹介された事だった。



ある人とは、Zさんといって、
当時仲良くしてもらっていたOさんという人のお知り合いだった。


Oさんは、凄腕のリモートビューイングの人で、私の同級生がOさんをネットで紹介しているのを見て知って、
私も一度リモートビューイングを受けた事があり、仲良くしてもらっていた。



そのOさんから私に、お夏清十郎の旅に出る直前に

「なんかピンと来たから、愛ちゃんYさんという人に会ってみない?」とLINEがきた。



そういうのに免疫がなかった当時の私は、
またいちいち動揺する。


えっ。。??ピンと。。??
どんな人?会うとどうなるの。。???


と少しザワザワしながらも素直に
「はい!ありがとうございます」とお返事した。


お夏清十郎の旅から帰って1週間もたたない数日後。


OさんとZさんと3人で食事をすることに。


Zさんは50歳前後の女性で、不思議な人だった。
Zさんの目を見ているのに、
宇宙を見ているような気になる。
そんな目をしていた。




そしてZさんに言われたことは

「あなたはもう、自分ができると思ったことは何でもできる」だった。



何でもとは、ヒーリング以外にも、チャネリング、リーディング、いわゆるスピリチュアルな能力は全部ある、という意味合いだった。



いや。。できませんけど??



ヒーリングがどうやらできるようになったばかりで、リーディングとかチャネリングとか、
やり方わかりませんけど??

ということを伝えた。なのに、



「いいや。あなたはやろうと思えば全てできる。」

の一点張り



「私はつい数週間前までスピリチュアルにも興味がなく、無縁だったんです」

と言うと、


「いいや、元々生まれつき相っ当スピリチュアル性が高い。」


「あなたにはもう、するべき事はない。
思ったことは全てできる。本くらいは読んでもいいけど、あまり読まずパラパラとめくって参考程度でよい。
あなたにはもう何も必要ない。」




おぉ。。スピリチュアル初心者として
ドキドキしながら来たのに、
なんか凄いこと言われてるような。。。




そして、次の一言で

完全に私の意識は変容した。




続く。。



私に何が起こったか


?Gg[???ubN}[N??

2021年6月17日