人生はアート

今なにか、



悲しみの中にいる人

孤独の中にいる人

苦しみの中にいる人

無力さにうちひしがれている人



空


人生は、これでもかというほど、愛しかありません。




【自分とは何か】


その真理の探求を続けていくと、そこに辿り着きます。







正確には、

初めから私は、あなたは、何一つもっていなくて、
もう既に、何もかも全てを持っていたんだということに、

気づくこと。





それが人生です。


そのプロセスにおいて起きてくる摩擦のようなもの、

それが感情であったり、概念、認識になります。



空


不安は、もう絶対に大丈夫だったんだと気づくためのもの。


孤独は、全ては一つで、何一つ分かれていなかったんだと気づくためのもの。


怒りは、もう全て思い通りになっていたんだと気づくためのもの。 


嫉妬は、全てが均一だと気づくためのもの。



不幸は、もう既にあなたは完璧に幸せだったと気づくためのもの。


人間が苦しみとしている「それ」は
魂の方角を指し示す道路標識のようなもの。


一人一人が、それぞれのペース、タイミングで、いつか必ずここに辿り着く。



だから今、腑に落ちなくても、大丈夫。



いつか必ずそれを体験する時が来て、


その時は、今の悲しみが、怒りが、孤独が、嫉妬が、不幸が、


涙が止まらないくらい、あまりに全てが愛だったとわかります。



夕陽


人生はアートでしかない。


そんなダンスをしているだけ。

そんな絵を描いているだけ。

そんな歌を歌ってるだけ。

そんな詩を書いているだけ。

そんな人を演じているだけ。



あんまりにも、完璧で、美しいアートです。




表現者である自分に気づいたら、新たなステージで、


また新しいアートを描くだけ。





ずっと。


空
?Gg[???ubN}[N??

2021年2月24日